[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 魔法少女リリカルなのはVAV
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
2009.10.25
2009/10/24 一部修正
2008/11/11 一部修正しました


魔法少女リリカルなのはVAV
~魔法の誘い~

魔法少女リリカルヴィヴィオとしての長編SSです。
内容は、ダーク系ですかね…

ヴィヴィオが主人公として、他のキャラクターも登場予定。


2008.05.25
2008/05/25  更新

世界観
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第26話「約束の空へ」から、
数ヶ月たった、ヴィヴィオが聖王教会系列の魔法学院へと通いなれてきたところから物語は始まる。
"二つのアレ”がキーワード。
「血」をテーマにかけていければと思っています。

なお、プロローグでは内容の先、つまり未来に起こる一部が書かれた場所もあります。
~Prologue~

NANOHA wiki 魔法少女リリカルなのはシリーズの設定資料集等を参考にしております。


★登場人物


●管理局関係


高町ヴィヴィオ

虹色の魔力光「カイゼル・ファルベ(Kaiser Farbe)」を持つ。
なお、知識は聖王状態の時に起きた事は姿が戻った現在も覚えている。
そのためか、不明だった年齢が6歳(保護時5歳)で確定されているが、
実際には高校生かそれ以上にあるとされるが、あくまで本人は
高町なのはの子供として振舞うようにしている。
聖王の鎧をもっているため、Sクラス以上の魔法を浴びても生き残るとされている(殺傷能力ありでの話)。
Strikersでは、なのはを圧倒する力を保有していたが、
動力炉からの魔力供給等がなくなったために、現在では圧倒する力を持たない。
聖王教会系列の魔法学院に通学している。

物語の主人公、デバイスは2つ。




高町なのは

出身:第97管理外世界「地球」極東地区日本・海鳴市
所属:時空管理局本局武装隊 航空戦技教導隊第5班
階級:一等空尉
役職:戦技教導官
局員ID:STX01220-015214229
魔法術式:ミッドチルダ式・空戦S+ランク
所持資格:戦技教導官/戦技教官/戦技試験官/小隊指揮官
エースオブエース

機動六課解散後に昇進提案があったものの辞退、戦技教導官の空戦魔導師として現場に残り続けた。
プロローグにて行方不明になっている。


アイナ・トライトン

機動六課解散後は、なのはとヴィヴィオの要請によって、高町家のホームキーパーに転職。



リインフォースII ZWEI

出身:第97管理外世界「地球」極東地区日本・海鳴市
所属:時空管理局本局 
階級:空曹長
魔法術式:古代ベルカ式・総合A+ランク

ヴィヴィオの魔法の先生{学校とは違った魔法(ユニゾン等)}
ロードである八神はやてはある事件を追いかけているのだが今回ヴィヴィオのデバイスの調整等によりリインのみ残った。


八神はやて

出身:第97管理外世界「地球」極東地区日本・海鳴市
階級:二等陸佐
局員ID:XTF01241-015214279
魔法術式:古代ベルカ式・総合SSランク
所持資格:大隊指揮官/普通自動車免許

フリーの特別捜査官として守護騎士一同と共に地上本部に勤務。密輸物や違法魔導師関連の捜査指揮に取り組みながら、改めて「自分の部隊を持つ」という変わらぬ夢を見つめなおすこととし、今はティエル逮捕に全力を注いで、別世界に飛んでいる。


アギト

魔法術式:古代ベルカ式・ランクA+(相当)
リインに代わりはやてご一行と遠征


守護騎士一同

はやての補佐をするため、全員別世界に同行する。



フェイト・T・ハラオウン

出身:ミッドチルダ南部アルトセイム(少女時代に日本で6年を過ごす)
所属:時空管理局本局執務官
役職:執務官局員ID:STX01220-015214230
魔法術式:ミッドチルダ式・空戦S+ランク
所持資格:執務官/小隊指揮官/普通自動車免許

解決後は執務官として人一倍忙しい日々を送っている、その間にティアナを執務官補佐として勧誘した。
機動六課解散後は次元航行部隊に復隊し、正式にティアナを二人目の補佐官とした。




シャリオ・フィニーノ

出身:ミッドチルダ東部
所属:本局執務官補佐
階級:一等陸士
局員ID:FCX08430-042805689
所持資格:メカニックマイスター(ネットワークハードウェア)/A級デバイスマイスター/1級通信士/普通自動車免許

フェイトの補佐官をしながら、ヴィヴィオのデバイスのデータ等をリインⅡと交換をし、アドバイスをしている。



●その他人物


フレイヤ・K

ミッドチルダ(管理局地域、つまり)で最近有名になった歌手。
9歳くらいに見える少女であるが、詳細不明。
それは歌手であるがためであるのかについても不明。
ヴィヴィオと同じ聖王教会系列の魔法学院へと入学。
クールなツンデレでヴィヴィオの前ではデレデレしている。
ツインテールで髪の色は紫色。
歌手のため、歌がうまいのだが、魔法に関してはあまり得意ではない。



リョウ・O・ケニー

両目が機械になっていて、両目でみた人をデータとして頭の中にインプットできる。そのためか、ある程度の未来予想(行動)をする。
なぜ、機械になっているかは不明。
普段は目を閉じているが本人いわく心の眼で見えるらしい。
年齢は不明(特例として入学とのこと)
しかし、ヴィヴィオと同じクラスに転入してきたところを見ると
推定6歳ぐらいとされる少年。
髪の毛は灰色。




ティエル・K・クアットル


広域指名手配されている次元犯罪者だが、その姿を見た人は誰もいない。
女性だということだけがわかっているが、写真はなくUNKNOWNとなっている。
彼女にまつわる事件は血が関係しているため、未解決で関係してる事件の首謀者は全部この人と勝手に断定されている。
ここ数年はおとなしくしていたが、最近になってまた活動を再開したとされる。

何十年も同じ姿でいる魔術師。
6つの影を使役する。
指には、7つの指輪をしている。
髪はロングの金髪。服装はゴシック的なドレスを着用する。
性格は、女王様。
それぞれの影は、属性、攻撃法すべてが異なる。
使役する影によって、色が違う
 絶影 黒 一番強い影 一番信用されていて、影の中のリーダー
 月影 赤 血を象徴する色をしていて 炎の属性ももつ。影の中で唯一血を吸収できる。
 白影 白 なにを話しているかがさっぱりわからないがマスターのことを一番愛している。攻撃力だけでいうならば絶影よりも上である。
鏡影 影 その姿かたちは全て影の主と同じ姿になりきることができる。一度、相手の影にはいりこむと、99.9%本人と判別されてしまうほどの変身能力を持つ。また、相手を影に吸い込ませ自らの食事とすることができる。




"アレ"

紫の少女がいうあのこ




リインフォースⅢ・タイプココ

ヴィヴィオ専用ユニゾンデバイスのデバイスであり、別名、レリックウェポンデバイスとも呼ばれる。
リインフォースの姉妹機として、極秘に開発が進められていたものをヴィヴィオ専用にしたもの。
そのため、ヴィヴィオ以外の人とはユニゾンすることはできない。
周りからは、ココと呼ばれる。第一人称はココ。
髪の色は黒。
容姿はリインフォースに告示しているが、性格等まったく違うデバイスである。
 メインフレームは、リインフォースⅡを基にして作られており人格型の融合デバイスである。身長リインフォースより若干小さい約26cm。
 姿、身長は自由に変えられるが基の特徴的な形はかえられない。
 その真価は、適合する騎士との融合による飛躍的な能力向上にあるが、単身での魔法使用も可能である。
 本来は、リインフォースシリーズとしての試作機として作られていた。
 しかし、ヴィヴィオが襲われる事件により急遽ヴィヴィオを守る及び、ヴィヴィオの力の覚醒のためのデバイスとして見直された。
 実はリインフォースⅢは元々ヴィヴィオのデバイスとして融合デバイスの模索もされており、作業自体は難しくなくすぐにこうして形となって生まれた。
 しかしながら、半分以上はブラックボックスである。
 それは、完成後にわかったことであり、この問題は聖王ヴィヴィオのためにつくったために起きたものなのかは定かではない。
 聖王の器のためか、また他の特有スキルのせいかいわからない。
 一つだけわかっていることは、ヴィヴィオ以外のユニゾンは危険性が高いと考えられるところと、まだ未完成の部分が多いということだ。




カザン・グレミティ・アミタケ

"アレ"と呼ばれる一人の若者。
かつて、スカリエッティに技術を提供、または施しを受けたことがある。
ロストロギアから人工生命体を融合、もしくは誕生させることを完成させた。
その取り込まれたロストロギアの能力はナンバーズのISのように扱うことができる。
通称、LSと呼ばれる。
例:次元震を起こせるロストロギアから生まれた人工生命体はそれを起こせる力を持つという。


ブログパーツ