[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 2013年10月
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
2013.10.24
楽しみではあるのですが、完結してしまうのかと思うと、考え深いですね。
ですが、終わって欲しいというのもネックにはあります……。
個人的に大好きな作品で、設定が特に大好きで面白く、二次作品の作りやすさがある思います。

アニメキャラクター視点での二次作品が多いのは当たり前ですが、
魔女、魔法少女、魔獣、キュゥべえ、奇跡という設定は重大です。
それだけで、数億ぐらいのオリジナルに近い二次作品が作れる作品かと『魔法少女まどか☆マギカ』を思います。
おりこ☆マギカ、かすみ☆マギカ、たると☆マギカ、すずね☆マギカ等の作品があるのがまさにその証拠。

ですが、やはりというのかアニメキャラクターの方が人気があるようですね。
それだけに惜しいとも思います……設定が好きなだけにですね。
こんなにも制限なく空想できる作品って、かつてあったのかと思うぐらいです。
とはいえ、あるかもしれないですね。私がまだ見ていないだけの話で……。
だから、この記事も個人的な感想であり、推測であり、考察です。

まどか☆マギカでは、個人的にキュゥべえが一番この作品では好きですね。
ケモナーとか知人には言われるのですが、なぜか人が嫌うキャラクターを好むようです。
インキュベーターさんについて、語ると止まらないので……、話を戻しますが――。

この物語は、世界の理をまどかが変えてしまうわけですが、
本当に少女たちが救われたのか』は未だに疑問です。
屁理屈なんですが、別にその運命を受け入れる少女も中にはいる(た)はずです。
そういうのを書いちゃうと、『元も子もない!』って話ですが!
そういういたかもしれない娘たちを思うのも、
まどか☆マギカの楽しみ方じゃないのではないかなぁと思います。
たまたま、ほむらの力がまどかの因果律(魔法少女の力)を強くしただけで、
他にもいたかもしれない。
インキュベーターに協力的で、魔女を増やす少女もいたかもしれない。
そういう『かもしれない』を考えるだけで、一生楽しめる作品です。

まぁ好き嫌いというものは、ほんと人それぞれで共有できないことですが、
まどか☆マギカはキャラクターたちを見るんではなくて、
頭のなかで
『世界の理がこうで、インキュベーターの存在意義、少女たちの役割(存在理由)等』設定に
触れる作品だと思うのです。というか興味深いですよね。
SFの世界になってしまいますが、インキュベーターって存在は実際にいるかもしれません。
私たちがUFO、宇宙人って呼称する存在がまさにそれ。
世界は情報によって支配されているのですが、そのトップにある存在は不明です。
そういう意味で、本当にまどか☆マギカは、魔法少女と名の付いたサイエンス・フィクションです。

ですので、あの世界観……および、設定を楽しんで欲しいなぁと、個人的には思っています。

話が膨らむだけ膨らんで、劇場版の話はどこいったんだと(特に新編
劇場版魔法少女まどか☆マギカ

全部で3作品の製作が公表されており、TVシリーズの再編集版が2作品、残りの1作品は完全新作である。
元々TVシリーズ第2期をやろうとしていたものの、虚淵玄の書いたストーリーのプロットがTV1クールに満たなかったため、それを映画として製作し、TVシリーズと劇場版新作をつなぐものとして総集編をつくることとなった。






『魔法少女まどか☆マギカ』続編なのに繋がらない世界……6つの矛盾まとめより、引用

公開された予告編は、現在劇場のみで上映されている90秒の映像。「少女達の 残酷な運命は 終わらない」「"まどか"のいない世界で 少女達に 何が起きたのか」というコピー、Clarisが歌う主題歌「カラフル」とともに、今週末に公開を控えた本作への期待感を掻き立てる内容に仕上がっている。


新編での、6つの矛盾

1.「円環の理」となったはずの鹿目まどかが、この世に実在している
希望を願い魔法少女となった少女たちは、やがて絶望につつまれ魔女となる。そして魔法少女たちは魔女と戦う。鹿目まどかは、そんな残酷な連鎖を断ち切るために、その身を犠牲にして魔法少女たちの運命を解放し、その代償として「円環の理」とよばれる概念と化してしまったはず。だが、[新編]には、現実の世界にまどかの姿が……。

2.魔女となったことで「円環の理」に導かれた美樹さやかが、この世に実在している
絶望に包まれて魔女と化した美樹さやか。しかし、鹿目まどかの願いによって、彼女は円環の理に導かれて、もはや存在する者ではなくなったはず。だが、これまた[新編]には、現実の世界にさやかの姿が……。

3.弓を武器にしたはずの暁美ほむらが、また盾を手にしている
かつての暁美ほむらは時間遡行の魔法を司る盾を装備していた。しかし、鹿目まどかによって再構成された新しい世界ではその盾を失い、まどかの能力を継承するかたちで弓を手にしていたはず。だが、[新編]ではまた盾を装備している。

4.魔獣と戦う運命の魔法少女たち。しかしその新たな敵はナイトメアとなっている
まどかによって再構成された新たな世界。魔女の存在しないその世界で魔法少女たちが戦うのは、魔獣とよばれる新しい敵。[新編]では、魔法少女たちと魔獣との戦いが描かれるはず。だが、魔法少女たちが対峙するのは、ナイトメアというものたちだ。

5.見滝原中学生ではない佐倉杏子が、その制服を着ている
隣町からやってきた佐倉杏子は見滝原中学生ではない。そんな彼女が、見滝原中学の制服を着ている。それはいったい何を意味するのか。

6.巴マミがお菓子の魔女を仲良く従えている
魔法少女・巴マミはわずかに見せた隙をつかれ、お菓子の魔女に殺されてしまった。しかし、まどかによって再構成された新しい世界では、魔女そのものが存在しないために、彼女が何事もなかったかのように復活しているのは理解できる。だが、彼女が抱いている愛くるしい人形のようなもの、それはまさにお菓子の魔女だった。



これらは、まとめられるほどじゃなく映画館で予告見てた人が疑問に思うことだと思う。
まぁ、それがやっと一般公開されたというのだから、その疑問感がすべての人を覆うともなると、
まとめられている方が、わかりやすい。
って、なんでまとめのアンチになっているんだ……(書きたいのはそこじゃないって

スポンサーサイト




関連記事
2013.10.21
暑くなったと思ったら、寒くなる。
日本の気候はよくわかりません。

理想が高いのはいいけど、その理想によって身を滅ぼすのは愚か。
なおかつ、理想を他人に押し付けるなど愚の骨頂なのでしょう。

とはいっても、あれは理想だったのか、現実問題を提示していただけなのか。
はて……?

最近の私的ニュースですが、
『Kindle Paperwhite 3』
買うことにしました。

結構面倒くさがりな私は、USB挿したりしてデータを移動するのすら面倒いので、
3Gなおかつ無料で同期してくれるのはいいなぁと。
実はソニーリーダーは持っています!
でも、結局はその面倒くささでつかってません。
あとは購入しづらいってのもありました。
アマゾンだと、携帯端末でも、PCでも一度購入させすれば出来ますし、
現状便利だなと想います。

ただまぁ……家にwifiを設置すれば、そもそも買わなくても良いのでは?
とも思います。
が、ルーター置く場所もないし、今以上に消費電力増やしてもなぁと。

そんなことで、最終的には購入を決意しました。
まだ、欲しいコンテンツは少ないのですがいずれ増えていくことでしょうし、
先行投資みたいなものです。


関連記事
2013.10.19
実写版『Another』をやっとのことで見ることが出来ました。

いやぁ……見ようと思った頃には、上映終わってたんですよね。
これでようやく小説、漫画、アニメ、映画と全部見終えました。
(まだAnother エピソードSは買ってすらいませんが……

色んな方のレビューを見たのですが、Anotherってホラーだったんですね。
小説買う時もそうでしたが、私自身は思っていませんでした。
どちらかというと、ミステリーって私は思っていました。
というよりか、作者である『綾辻行人』氏自身がミステリー作家として……(それを知るのは後ですが
とかそんなことを書いてて、調べてみたら、

ミステリーとは

ミステリ (mystery) は、神秘的、謎、不可思議なこと。ミステリー、ミステリイともいう。
文学などフィクションのジャンルで「ミステリ」と言えば、事件や犯罪の問題解決への捜査を描いた推理小説などのミステリを用いた創作物を指すことが多い。超常現象やそれらを扱ったオカルト、ホラー、SFなども含めて呼ぶ場合もある(その場合、サスペンスと称されることが多い)。


なので、分類としては間違っていないのかぁと自分で自分にツッコミを入れたところです。

感想は今更感はありますが、一応ネタバレ注意ということで、
下記(続きを読む)に書いておきます。


関連記事
2013.10.17
人と人がそう簡単にわかりあえるわけがない。
そうは思うのですが、同じ感性を持つ人を探してしまうのも、
また人ならではと思います。

そういう色々なこだわりがある人ほど、泥沼化していくのでしょうね。
自分ではそうは思っていなくても、
反感する(そうじゃないだろう? わかってないなぁ)と思ってしまう時点で、既にもう泥沼。
共有できないことは、共有しなきゃいい。
最近そういうことが少しずつ出来てきているはずなのですが、
まぁ現実は甘くないということでしょう。
それを目の当たりにしないことは、生きていく限りありえません。

例えば、ゲームでいえば、戦略を無視して突き進んだせいで負ける等。
例えば、映像でいえば、本質を見ていないだけで気持ち悪い、嫌いだから中身を見ない等。
例えば、漫画でいえば、下手くそだから作者が嫌いだから世間で有名だから読まない等。
例えば、小説でいえば、共感出来ないからクソ下手くそだから作者が嫌いだから読まない等。

言ってみれば、食わず嫌い等ってやつですね。
当たり前のことで、普通なことなんですよね。
好き嫌いは普通。
誰にも強制することはできません。
できたら、個性なんて誰にもないわけですよ。
人間って個体はなくて、違う生物であったでしょうね。
価値観をおしつけるなよ、カスというわけです。
それはあなたの意見で、私の意見ではない。
でも、違くない?
そういうのをいちいち気にしちゃうってことですね。

こういうことをそもそも書いちゃうのが、泥沼化の原因じゃないかなぁとも思います。
裏の裏は裏。
見聞を広めるというか、色んなのを気にかけるのは悪くないことなのでしょうが、
かえってそれが毒となり、自分に牙をむく。
割りきれても、割り切れないこともある。

とまぁ、暗い話を書かないつもりでいるとすぐこれですよ。
すぐに変わらないのも……人ならではなんですがねぇ……。


第1758回「くり返し見ている映画や本はありますか?」
たまには公式のテーマに沿った話題でも。
繰り返し見ている映画や本はないですが、ゲームならあります。
それは、『ゴア・スクリーミング・ショウ』です。
エロゲーなので、18歳未満の方はURLをクリックしないでください。
この作品は、いわゆるエログロ。
例えるなら、ホラー怪奇小説といった方が近いかもしれません。
ジャンルも、オカルティック恋愛AVGというものですしね。
内容は、

主人公・仁野 恭司は家庭の事情で故郷に帰ったが、そこで謎の少女ユカと、彼女に付き従う異形の怪物ゴアと関わる羽目になってしまい、平穏な日常に戻るために努力する。
人間を凌駕する力を持つゴアと不気味なユカに主人公達は翻弄され、恐怖を味わうというホラー的な物語からスタートするが、ゲームを進めていくとそれとは異なった側面や展開も見えてくる。


というものです。
一時期は、半年に一回というぐらいに読み直し(プレイしなおし)たものです。


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です(^v^)/今日のテーマは「くり返し見ている映画や本はありますか?」です。先日、ずっと見たかった感動系の映画をやっと見る事ができ、見終わった後に「やっぱり映画っていいなぁ~」と改めて思った加瀬です…実際にはないストーリーであっても、役者さんの演技や、話の面白さでそのストーリーの世界にスッと入る事ができるのが、映画の良い所ですね加瀬は一度気に入...
FC2 トラックバックテーマ:「くり返し見ている映画や本はありますか?」


関連記事
2013.10.17
以下、いつもの

メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

新刊の委託もはじまりました。
とらのあなにて。




今週読んだ本。
やがて魔剱のアリスベル (3) 熾る不死鳥(ダスク・カリエンテ) 赤松中学
クサくて、うまいというべきか。
ここぞのという時に、赤松氏の小説は本当に面白くなっている気がします。
つまらないところはほんとつまらない時もありますが……(それはしょうがない
というか、そのつまらないところは好みの問題もありますため、一概につまらないとは言えないとは思います。
日常系が好きな人は好きですし、そういうのが嫌いな人はだらけを感じてしまうようなそんなのです。
自分も刀として、認識する部分ちょっと興奮しました。

さて、ある種プロローグの終わりというか、最初の物語が終わったというべきか、当初の目的は達成されたというべきか。
アリスベル自身の物語は終わりました。
あとは未来に帰れば……といったところで幕引き。
そこに緋弾が現れて、今後どうなるんだろうかという物語でした。

アリスベルの特徴としては、別視点(敵や見方の視点)になります。このこと自体はいいのですが、少しというかかなりというか、一部説明口調過ぎるなぁとアリスベルシリーズを通して思います。
主人公だけでならともかくとして、全員がそんな感じになっているのはちょっとした恐怖かもしれません。たぶんちょこっと言葉をいじれば、違和感ないと思われるのですが、そこまで気が回らなかったのかなぁと。
アリアに比べてそういうのが目立つ気がします。
特に187Pのぬえの部分がなんていうのか、言葉が足りないのか、言葉が多いのかわからないのですが、祈に対する部分がちょっと『うーん?』と。
まぁ、そういうところも好みの問題なのかなぁとは
実際には、思っております。

さて今回物語の最後には、アリアが来襲してくるわけですが……。
正直物語と物語と絡み自体は面白いのですが、
そういうのは外伝などでやるべくして、
別の作品でやるべきものじゃないのかなぁとか思います。

というのも、スター・システムでしたっけ。
あれを超えるぐらいに酷似しているのがアリスベルだからです。
世界観はアリア、登場するキャラクターの個性もどこかアリアで
見たことのあるキャラクターと、能力。
細かくみれば違うのですが、アリアの世界観というのであれば、外伝といったほうが読者的には近いのです。
外伝といえば、緋弾のアリアAA、アクセル・ワールド/デュラルマギサ・ガーデン。そういう形であれば、そうは思わなかったと思います。
だって、世界観が同じなら……ねぇ?

225Pにある 時間遡行による時差ボケ。
ここはアリア15巻のシーンをちょっと思い出すね。
その場面を体感させるためにやっているのか、たまたま近い状況であったのかは……わかりません。

世界観の本編でもある緋弾のアリアでも、静刃が最新刊で出てきていますが、あの場合は過去の静刃となるのでしょうかね?
実際、どうしてそのようなことになったのかは、今後明かされるのでしょうが……このアリスベルって作品は本来であれば、アリアが終わった段階で始まっていれば楽しめたのではないではないだろうかとも思います。

出る時代がはやすぎたと正直なところ、思います。

継続
織田信奈の野望10 春日みかげ
予想通りというか、最終決戦一直線という流れになってきましたね。
実際、本能寺の変が起こる、起こったぐらいの時系列と思われる位置です。

どのようにして、それが起きる、回避されるのかが非常にきになるばかりです。


新規




ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)
東野圭吾
パラレルワールド・ラブストーリー
学生街の殺人
プラチナデータ
悲痛伝 西尾維新
神様のメモ帳3、4,5、6、7、8 杉井光
楽聖少女3  杉井光
インフィニット・ストラトス2、3,4 

関連記事
2013.10.13
リリカルマジカル16 
2013年10月14日(祝、月)
大田区産業プラザPiO大展示ホール 開催予定

に参加予定のサークルさんの作品に、ゲストSSを書かせていただきました!

水凪工房(水凪さん)

サークルスペースは『イ16』です。


新刊の方ですが、「占え!カリムさん(カラー12P + モノクロ12P)」 ¥500 です。
詳しくは水凪さんのHPをご覧ください。

下記は、ゲストSSサンプル『Angels holiday ~sister and sister~』になります。

内容は、魔法少女リリカルなのは INNOCENTを題材にしたものです。



関連記事
2013.10.13
ブログのテンプレートの手直しがある程度終了しました。

あとは既刊、電子書籍情報のサイトを追加、更新などするのみになりました。


別件ですが、リトルバスターズ!を再度アニメ見ることで、『友情』とはなんだったのだろうかと、
そういう疑惑感に襲われます。

虚しさと、悲しさ、そして哀れみ。

友情とは、本来このアニメ(ゲーム)のような華やかで、楽しい存在であったはずだったのになぁと。
ある程度、このブログのテンプレートを修正している状況を見ている方は、
多少なりとも気づいている方も中にはいるかと思います。
その情報を公開するのは、そうですね。

コミケの当落結果次第となりそうです。

今回は、当選したとしてもキャンセルさせてもらおうかなという状況にあります。
今はまだそんなですが、出た時はやっぱ出ますとなっているかもしれません。
ですが、新刊はおそらく出せないかと思います。

ネタはありますし、書いてはいます。
間に合わせようと思えば間に合うでしょうが、事実上でいえば間に合いません。
言葉遊びじゃないですが、間に合うのに間に合わないのです。

関連記事
Posted at 14:16 | ブログ更新 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - あ。る程度 |
2013.10.12
ページ修正中のため、表示がおかしくなります。
関連記事
2013.10.11
プラグインの方、修正が完了しました。
バグはないと思いますが、見つけ次第修正します。




昔の文章は黒歴史!
一気に削除したいですが……、それもかつての自分の力として削除なんかしません。

さて、黒歴史文章はおいておいて、右に設置してあるメニュー、
プラグインの方がまどかSSが増加したこともあって、
見づらくなってきました。
そのため、全体を調整中です。

調整後は、読みたい作品をクリックして、より選びやすくなるようにする予定です。
この作業が今日中に終わればいいのですが。



関連記事
Posted at 20:52 | ブログ更新 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - プラグイン調整 |
2013.10.11
最近やけに、スパムのが多いので、
対策として、確認画面(画像認証)を実装しました。

お手数をお掛けしますが、よろしくお願いします。

対策に効果がない場合、最悪コメント機能を停止するかもしれません。
関連記事
Posted at 00:17 | ブログ更新 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - コメントについて |
2013.10.10
体調面ではまだまだダメなようで、ふらついたり、倒れそうになったりと、
まだまだ不完全ですが、元気だろうと思います。
台風がきたりこなかったりと、蒸し暑いのか肌寒いのか。風邪の影響なのかもしれません。

電子書籍版に切り替えようとしたら、その作品があったりなかったりと悪戦苦闘。
そのうち、切り替わっていくんだろうと思うのですが、
まぁいいかなぁと……。
とりあえず、きりが悪い巻数のは全部売っぱらって、買い換えてます。
そんなことをしてったらKindleの3g回線のが欲しいなぁとは思うのですが、そっちは安くなってないんですよね。
まぁ、スマホでKindleアプリ入れれば見れるのでなくてもいいといえば、いいのですが。
スマホだとどこでも読めるって利点はありますが、結局のところ、電池持ちを悪くすることには
かわりないです。
そういえば、そのスマホですが、4.1にAndroidのバージョンをあげたら、フリーズしなくなりました。
何が一体原因だったのかはよくわかりません。
アップデートが実は失敗していたのか、バグのあるものが入っていたのか。
何にしても、フリーズしなくなったので快適です。

Androidといえば、こういうニュースが
「AndroidはiPhoneよりも安全性が高い」とGoogleの会長が発言

2013年10月6日からオーランドで開催されているGartner Symposium/ITxpo 2013に出席したGoogleのエリック・シュミット会長が、インタビュー中に「AndroidはiPhoneよりも安全性が高い」と発言しました。


セキュリティに関しては、イタチごっこですよね。PCもそうです。
突破され、対策し、対策され、対策する。

エイサー、21:9の29型シネスコサイズ液晶「B296CL」
大きいサイズのがやっと各社から出まわってきましたね。
解像度は2560×1080ドット。
解像度が変わらないで、大きなサイズのモニターが半年前からありましたが、
解像度がここ最近のは高くなってきているような気がします。
消費税が高くなる前に変えたいとは思うのですが、良さそうなのはありません。

JVCケンウッドが新「Kシリーズ」を発表、ハイレゾ対応のネットワークアンプ「A-K905NT」など4製品

ケンウッドから新世代の「Kシリーズ」が登場。ハイレゾ音源再生に対応したネットワークアンプ「A-K905NT」を含む4製品だ。


ハイレゾ音源ってなんだろうと、調べてみると、

音楽用CDを超える音質の音楽データの総称。従来の音楽用CDのサンプリング周波数・量子化ビット数(44.1キロヘルツ・16ビット)を上回る、48キロヘルツまたは96キロヘルツ・24ビット以上の音楽データを指し、情報量が格段に大きい。ふつうコンテンツ配信サービスで音楽データを入手し、パソコンからUSB DACなどを通じてオーディオ機器に出力して再生する。ハイレゾリューション音源。


ただまぁ、対応している元の曲と、対応している機器がないとねぇ。
うちのアンプさんでは無理ですた。

「FINAL FANTASY X/X-2」のPS3/PS Vita向けHDリマスター版5製品は12月26日に発売。収録特典やスクエニe-STOREでの「FFVIII for PC」関連企画にも注目

スクウェア・エニックスは本日(2013年10月10日),2013年内発売とされていたPS3用ソフト「FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster」,PS Vita用ソフト「FINAL FANTASY X HD Remaster」「FINAL FANTASY X-2 HD Remaster」,PS Vita「FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster TWIN PACK」,PS Vita本体とソフトのセット「FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster RESOLUTION BOX」を,いずれも12月26日に発売することを発表した。


PS3でもでるって知らなかった。vitaだけだと……。
関連記事
2013.10.09
『結局彼は何がしたかったのか』
その理由を考えても当事者じゃないのでわかりません。

未だにその理由がなんなのかを気にするあたり、
私はアホで、バカなのだろうとも思います。
その理由なんて未来永劫わからないでしょう。
そういう状況になりました。
なので、一々そんなことを気にしててもしようがないのです。
そうやって、気にしてるから、今の現状があって、なってしまったのでしょう。
気にし過ぎの気にし過ぎです。
親にも、友だちにも、先生にも言われます。
『もっと気楽にやればいい』
そう言われます。
『何も考えずに打ち込める何か(趣味)を見つけるといい』
そういうアドバイスももらいました。
とはいっても、こういう性格にいつのまにかなってしまったので、なんとも難しいです。

ですが、やっと吹っ切れてきたような気がします。
大きな無気力感というか、ここまでダメージが大きかったのは去年の研修のせいなのは確かです。
研修に行ってなければ、もう少し早くに吹っ切れてたというか、また沈まなかった。
そんな気はします。
そうはいっても、自己責任。
そういう道を選んだのは自分のせいなので、今も過去も自分でどうにかするしかないのです。
過去はもうどうすることもできませんが、まだこれからの今はどうにかできます。

少しずつ落ち着いてきたからこそ、自分の性格というのがわかったということもありますが、
意外に色んなことを考えて行動していたんだなぁということもその影響でわかることができました。
『全てに対して適当で、何でもどうでもよくて考えていない』
そんな風に自分の性格を思っていたのですが、
意外なことに小心者な癖に、大きな目標を持ったり、心配症であったり、手だけが異様に潔癖症であったり、
ありもしない責任を感じていたり、ありもしない幻覚を見たりしていたようです。

目指すものが大きいから、始める前に挫けてしまう。
当たり前のことなのに、なぜかそうしてしまう性分だったということです。
馬鹿らしいことですね。

と……色々なことを最近書いてきましたが……。
結局のところ、彼のことを思って色々アドバイスしていたことが、
実は自分自身を苦しめる重みになっていたということみたいです。

その証拠が今の少しずつ前向きになっている自分自身なのだと思います。

私がそもそもこうなった原因は私にあり、別に彼が悪いわけではありません。
(かれこれの始まりは、もう3,4年も前のことですしね。
ただ深みにハマる要因の一つになっていただけです。
そういう要因をなくしていけば、
結果的に好転してきた……ということなのでしょう。

自己分析ができるようになった分、大人になったというべきか、
前よりは症状がよくなったというべきなのでしょうか。
何にしても、親と相談して今後どうにかやっていこうと思います。

最後に……なんといいますか、
連日に渡って暗い日記になって、
読んでいる方には大変申し訳ございませんでした。

明日からは、普段通りの日記に戻ります。

関連記事
ブログパーツ