[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 2013年11月
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
2013.11.29
過去販売作品の公開

第5弾として、「クズなほむらがいたら……1」を公開します。

コミックマーケット C82で出した本になります。
追記事項として、続きは今後出ません。

続きがでないことに関しましては、『今後について』、『せいせいとしたというのでしょうか。』にて、
情報を公開しております。

詳細
魔法少女まどか☆マギカ 漫画
原作:日宮理李(原作URL
表紙絵・内容:あおさなみこって(旧:蒼早苗
 
Pixiv漫画部分
Pixiv小説部分

メロンブックスDLにてPDF版がダウンロードできます

アルバム表示

内容

くずな変態ほむらちゃんがいたらという内容での4コママンガです。一部小説も入っています。

スポンサーサイト




関連記事
Posted at 20:01 | まどかSS | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - クズなほむらがいたら1 |
2013.11.26
mado003_convert_20131126225401.jpg

していそうで、今までしなかった(シンフォギアはしてたのに……

結論からいえば、
ほむらの時間遡行部分の話数が足りないから、語りきれていないがために
ストーリーのつっこみどころを生んだ、ということです。
とはいえ、他にも語りきれていない作品ってのは存在していますし、
全くない作品ってのは少ないと思います。

そして考察して脳内に残ったのは
最初から最後まで『インキュベーターの支配(洗脳状態)』から逃れられないってことです。
qbqb_convert_20131126234216.jpg



考察する前にまどか☆マギカのアンチまとめを見てみたのですが、
『魔法少女まどか☆マギカ』に感じたのは、
『中学生の葛藤物語。第二次性徴。思春期だからこその物語』
なのですが、
それを時間遡行部分で各キャラクターを語りきれていないんです。
10話だけで語るには無理があったというわけです。
それがアンバランス感を強めているのでしょう。

仮面ライダー龍騎に似ているのは、確かにその通りでどちらかといえば……、
あえてやっている感がします。
話題性作りという名目上。
というのはまぁ、ロボットアニメは機動戦士ガンダムのパクリ(オマージュ。
元祖っていうのは絶対あるのです。
魔法少女の元祖は……サリーちゃんでしょうか?
そういうのもあるので、あえてやっている感が強い印象を受けました。
個人的には、仮面ライダー剣の方が近いと思うんですけどね。
自己犠牲で、最後去っちゃうあたりが特に。
救われたけど、救われていない感。

スマガは知らないので、ノーコメントです。

ステマも、ノーコメントです。

演出もシャフトだからまぁ……というよりか、
そこをいうんだったら、傷物語はいつ放映されるのかにつっこみを入れたい。


なので、この考察ごとは基本的にストーリーに関してだけのものになることをご了承ください。
それと、ここに書かれた文章はあくまでも私の妄想、感想ですので、
その部分もご了承ください。

2013/11/26 画像を追加しました。
2013/10/30 新編見てから、一部追加しました。




関連記事
Posted at 23:44 | アニメ感想 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - 魔法少女まどか☆マギカの考察事2 |
2013.11.25
最近よく泣くような気がする。
どうしようもなく、涙が溢れてくる。

昔見て泣かなかった作品を見直すだけで、涙がどうしようもなく流れてくる。
正直なところよくわからない。泣くポイントがよくわからない。
でも……これがたぶん儚い、切ないって感情で、それが涙として出てきているのだと思います。
『憎しみという後悔』
それが涙を呼んでいるのかもしれません。
割り切れたからこその涙、現実を理解したからこその涙。自分に対しての、相手に対しての強い想いの涙。色んな感情を我慢して、我慢しての涙。
そういう今まで溜め込んだものが大粒の液体となって、流れてきているかもしれないです。



関連記事
2013.11.24
昔からたまにこれを公開していますが、あまり意味がないように今更ながらに思ったりしました。

そんな解析データですが、
『魔法少女まどか☆マギカ 魔女』があるのは本当に嬉しい限りです。
オリジナル要素が多い魔女SSですが、堪能して頂ければ、幸いなことです。

また、大変遅くなり申し訳がありませんが、私のサイトの考察が下記まとめサイトさんに
【続編/二期期待】劇場版 魔法少女まどか☆マギカ“叛逆の物語”ネタばれ&考察まとめ
まとめの一部として、リンクして頂けたようです。
本当にありがとうございます。

魔法少女まどか☆マギカの考察事2
魔法少女まどか☆マギカ[新編] 『叛逆の物語』 考察3(ネタバレ含

考察ごとは、私怨が混じったりと個人的な感情が多かったりしましたが、
研究材料となれば、幸いなことです。


関連記事
2013.11.17
SSって何だったっけぇ……。
サウンドソース……。
そうにちがいない。

はい。

最近何やっていたかというと、体力アップ(筋肉トレーニングと、歩行練習)と、





AKB0048のMAD動画作っていました。
『河森監督、いつ三期もしくは、劇場版やるんですかぁ!』という愛で作り上げました。
完成させただけで、なんか満足感でいっぱいというのもアレですがねぇ―。
何度見なおしても、愛がいっぱいで素敵な作品だと思います。

まぁ……何はともあれ作りたいのを(動画ではありましたが)一つ終えたので、次にいきます。
とりあえず、前の日記にも書いていた杏さや(ポッキー)SSを書こうと思っております。
ネタバレでも何でもないですが、
一応……叛逆の物語の後の話の設定で書こうと今やっています。
『杏子、さやか、仁美、恭介』
この四人が出てきます。
これだけで、内容が想像できた方は素晴らしい想像力だと思います!
その期待に応えられるものにできる限りしたいです。

そういえば……体力トレーニングうんたらを最初に書きましたが、
わりと2000歩歩くだけで、足を引きずらないと動かない身体なので、
肉体改造しないとまともな社会にも出れないという。
少しずつ元に戻して、戻っていければと思ってもおります。

下記はいつものです。


関連記事
2013.11.13
まどマギ新編を死ぬ思いで見に行った『はた迷惑なやつ』とは私のことです。

いやぁ、帰る時はまじに死にそうでした……途中で倒れていた可能性がありましたね。
走馬灯のようなものが一瞬だけ見えた気がします。
『一番幸せだった』映像、そんなのが見えた気がします。
でも、それは幻想で現実じゃないって、ダメなんだって思います。
あったかもしれない未来、過去はもうないだって、理解しないといけない。

行くときは、全然平気だったんですが、帰りはそんな状態でした。
普通に松葉杖の手を借りるというか、手すりを使い、足を文字通り引っ張る感じで、
ようやく帰ってこれました。
走馬灯のようなものは最近でいえば日曜日とかにも実は見えていました。
『地震にあう』という夢だったのですが、事実だったようですね。
わりと深い眠りというか、そういう夢の世界から起きれない状態が最近続いていました。
起きている時間の倍寝ていた日なんかもありました。
今はなんとかしようと少しずつ頑張りはじめています。

無事に帰ってくれた理由としては、
家から劇場まで4,000歩もかからずいけることが、幸いなことだったかもしれません。
というか、ここまで体力低下していたとは思ってもいませんでしたよ。
たったそのくらいの距離でへばるとかやばいです。
たぶん、人生の中で一番やばい体力だと、個人的に思います。
3年前に倒れた時より遥かに体力が落ちてますね。
まぁ、若さってのも実はあるのかなぁ(歳はとりたくないものですね。
この『大丈夫』ってのが一番危ない状態ってことを何度も経験したのに、
感覚的に忘れているのかなぁ?

今日というか、これからはきちん体力を戻してしっかりしていこうと思います。
親に心配をかけるにかけたぶん、しっかり親孝行したいです。
私のために、相談してくれたり、怒ってくれた方々を大切にしていこうと思います。

劇場まで足を運んだのは、トラウマからのすっきり感『バックラッシュ』とでもいうのでしょうか……。
そんな感じですかね。行ける状態じゃないのなぜ行こうとしたのかと帰ってきて、
動かなくなった足をいたわりつつも不思議に思います。


関連記事
2013.11.11
今まで悩んでいたのが、まるで嘘のような気分です。
「もう何も怖くない」
胸の支えがやっととれたというのか、ついたというのかわかりません。
結局、友情なんてそんなものは信じるに値しないものでした。
そもそも彼とは友情なんてなかったかもしれません。
そこまで深く考える必要性すらありませんでした。

『選択を間違いていた』

そういうことなのかもしれません。

今後について
今後の方向について、書いてから、今までずっとずっと悩んでいましたが、冷めました。
ようやく気づけたというのか、やっと理解したのか。

生きるって、なんだろうって断食したりして、欲望って概念を理解しようとしたのですが、
成果はまるでありませんでした。
それどころか、何かこうした方が良いぐらいの錯覚さえありました。
動けなくなる自分が何かとても神秘的なものに見えて、幸福のようなものさえ感じていました。
自分を罰して、罰し続けていたのは自覚していますが、
なんていうか変なところで、やっぱり馬鹿なのでしょう。

元々そんな深く考える必要なんてどこにもなかったようです。
相談してくださった方がいうように、
「そこは馬鹿」
というのが本当にそうでした。

頭が回るからとごまかしていましたが、
見えていた小さいものを決して無意識的に見ようとしていなかったのかもしれません。
それがようやく現実にあらわれたようです。
私の体調に支障が出始めてきて、ある意味タイミング良い時期に、
彼は行動してくれたと言っていいかもしれません。

生きる意味を感じられたのが、ある種の殺意に近いものってのが残念です。
許せないまでの激情というのでしょうか、そういうものです。
でも、同時に悔しくて涙が止まりませんでした。
その悔しさは彼に対してなのか、失った時間に対してなのかは正体はわかりません。
『笑いながら泣く』という、不可思議な現象が私の中で起きました。
やっと縁切りが身体の奥底からもできたということなのかもしれません。

そのことは同時に蒼早苗は、サークル参加者としての志も、絵描きとしてのプライドもない人間なんだって、
身体の奥底から嫌な痺れが流れてきました。

たぶんこの現象を何かの例にするなら、『ショックを受けた』というものなんでしょう。

心の奥底ではまだ、彼のことを信頼していた。
それは事実です。ですが、もう迷いはありません。
もうさようならをやっと言える気がします。

彼にものをお別れの言葉を述べるなら、
『反省の色が何も見えない』、『開いた口が塞がらない』です。

そう思えたのは、昨日から今日にかけてのTwitterのつぶやきです。
ある意味で、吹っ切れるきっかけを作ってくれた気がします。

もう色んな方がいうように関わらないことにします。
『はじめからいなかった』と、割り切れないってずっと思っていたのですが、
やっとできそうな気がします。きっかけなんて一生起きないぐらい思っていました。











9月10日以後何も呟かなかったのに、突然これです。

お分かりになると思いますが、自分のことしか考えていないクズです。
杏さや本を待っている方(ファンや、同士の方等)なんてナンノコッチャってやつです。
正直、一瞬目を疑いました。
何かTwitterのつぶやきが増えているなぁぐらい程度だったんですが、内容が内容でした。

ao00.png
未だにうちのサークルにいるつもりらしい。
そんなこしりません。

『残念に思っていたこと』が、残念です。
歪まされていたというべきなのでしょうか。
迷いがやっとなくなって、霧が晴れてきたというべきなのでしょうか。

色々と吹っ切れそうな気がします。
ですが、体調的には足が動かなかったり……(正確には動かしづらい)とあれなので、
しばらくは身体の調子を整えることから、始めようと思います。

動けるのっていいなぁって思える自分の変化が一番怖いです。
関連記事
2013.11.09
この際、考えれるなら考えつくせ。壊れるくらいに徹底的に。
だけど、こわれても前にだけは進もうと、演出方法について色々と勉強することにしました。
なんていうか、こういうへんな見方をする癖があるのかないのか、そういう性分なのか。

動画のリンクは重いので、詳細は続きに書きます。



関連記事
2013.11.07
映画ドキドキ!プリキュア 『マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!』 の感想になります。
ネタバレも含みますので、
それでも良い方のみ、続きをお読み下さい。
あっ……それと別にネタバレでも何でもないのですが、
一部ネタに魔法少女まどか☆マギカ新編を使っています。
見た人にはわかるかもしれないけど、見ていない人にはわからない部分かもしれないので、
一応、まどマギ新編のネタバレ警告もしておきます。

入場するときにもらったカードダスを使うと、下記みたいなのが撮れるようになるようです。
IMG_20131030_145147.jpg
頑張れば、まどかのARともできるかなぁとかやろうとしましたが、面倒くさいのでしませんでした。


とはいえ、プリキュアはパンフレット読めばもうネタバレですが(言ってはいけない
よくよく考えると、500円って安いですよね。
『絵本より実は安いんじゃないの?』とか思ってちょっとだけ調べてみましたが、
そうですね、安い部類に入る気がします。
パンフレットには、切り取って遊ぶ『トランプ』がついています。
これは、保存用と二個買えってことですかね。
それでも、1000円。
映画見るより安い。




関連記事
Posted at 21:40 | 映画感想 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - 映画ドキドキ!プリキュア『マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!』 感想 |
2013.11.06
劇場版『まどか☆マギカ』が興収10億円突破!深夜アニメ最速での達成
プリキュアに興行成績をひっくり返されるだろうとは思っていましたが、本当になるとはねぇ……。
やっぱプリキュアは強い。
というか、全国どこでも放映するのと一部だけしか放映されないのだと、まどマギは最初から不利でしたね。
そういう状況下でも、一週目は勝ったという事実は凄い部分になりますね。
今後の伸び方は、まどマギ新編はフィルムがある三周目でまた持ち直すかもしれません。

『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!』
vs
『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』
みたいなニュースをどこかでみたようななかったような……。
『魔法少女まどか☆マギカ』4億円超えで首位!『プリキュア』に勝利!【映画週末興行成績】
そもそも、客層が似ているようで違う層ですし、くらべてどうすんのという話のような、そうなような。
メインが大人、メインが子供。
個人的には、プリキュアは大人でも楽しめる内容ですので、一押しします(ワホ


yahoo映画より
20131106.png

第86回アカデミー賞長編アニメーション部門の1次候補に「まどか☆マギカ 叛逆の物語」

 ・「くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密」
 ・「クルードさんちのはじめての冒険」
 ・「怪盗グルーのミニオン危機一発」
 ・「Epic」 (クリス・ウェッジ監督)
 ・「アーネストとセレスティーヌ」
 ・「The Fake」 (ヨン・サンホ監督)
 ・「Free Birds」 (ジミー・ヘイワード監督)
 ・「アナと雪の女王」
 ・「Khumba」 ( Anthony Silverston 監督)
 ・「The Legend of Sarila」 ( Nancy Florence Savard 監督)
 ・「ももへの手紙」
 ・「モンスターズ・ユニバーシティ」
 ・「O Apostolo」 ( Fernando Cortizo 監督)
 ・「プレーンズ」
 ・「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
 ・「Rio: 2096 A Story of Love and Fury」 ( Luiz Bolognesi 監督)
 ・「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」
 ・「Turbo」 ( David Soren 監督)
 ・「風立ちぬ」


今回のはさすがに通らないと思うけど、どうでしょうかね……?
関連記事
Posted at 19:01 | 映画感想 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - プリキュアの感想は少しずつ書いてますよ。 |
2013.11.05
普通なら書けないらしいので、書けるなら書くのがいいらしい(知人談
感想というと、あぁいう分析めいた感じにやるもんだと思っていましたが、
どうやら違うようです。
あれもこれも言いたくなるのが感想だと思っていたのですが、そうでもないようです。
まぁ……多分楽しいって表現ができないだけなんじゃないかと思いもします。
『楽しいというより、良い部分を悪い部分を探す』。
そんな間違い探しが自分なのかなぁとかも思いました。
とはいえ、安定しないことにはどうしようもないクズなので、書けない未来も見えます。
それならまぁ……書ける時書けるだけ書いてみればいいんじゃないかと思いました。
なので、とりあえず書けるときだけ、少しずつ何か書いていこうかなとか思っています。
ですが実際問題、手が動くかどうかはわかりません。
身体と脳はくっついていますが、電気信号というか。
理解してても、できないこともあるようないような。

明日になれば、また違う自分がそこに生まれるのですが、明日の自分がうまい方向へと
導いてくれるといいのですが……他人ごとのような、自分ごと……。

次はプリキュアの感想書きたいなぁ。

以下、いつもの(以前から大分間があいた気が……


関連記事
2013.11.03
まどか☆マギカ新編ですが、


関連記事
ブログパーツ