[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 2016年08月
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
2016.08.11
2eb45585265d59f6cd58a51d0b46924d.png

日常

まぁ、なんていいますか結果だけいえば、しばらく自宅静養する感じになりました。
もしかしたら、実家に戻り行く可能性もありますが、姉のこととかいろいろもありますので、
たぶんこのままこの場所に留まる方が可能性は高いですね(お医者さんとの関係もありますし、また自分にあった先生を探すのも大変です
静養することに関しては今後どうするかにおいても、考えるなどの時間が必要とか、あとは完治させたほうが長生きできるとかんとか、先輩方にアドバイスをいろいろレクチャーを受けました。
そういった方々に散々なご迷惑をおかけしたことも大変申し訳ない。
残ったものは役に立つなどの言葉ははげみになり、これからも頑張ろうという気持ちが湧きました。
人の温かみというのも再度知れてよかった職場だったかなぁと思います。

まぁ、そんな温かい先輩たちでしたが、
『単純にお前の身体が弱いから、鍛えろ』という直接的な意見ももらえました。
いやぁ、マジレスですねぇー。

さて病気に関しましては、いろいろ病院いったり、人間ドックもいったりもしましたが、
再検査するような異常は今のところはなしという結果です。
いや微妙にあったかもしれないニュアンスはあったか?

まず、こんな状態になった原因もよくわかりません。
元々低体温症という寒いと、何もできなくなるってのはあったんですが、なぜか今年は重症でした。
今年に入ってからほぼほぼ毎日のように吐き気やら、頭痛やら、痺れやらと、
いろいろ死ぬんじゃないかなって思うことはありました。
電車乗ってたら、倒れそうになったり、歩くのがふらふらとしたりとわりとなんだこれでしたね。
それでも、7月半ば過ぎた頃からは、だいぶ調子が落ち着いてきた感じがします。
とはいっても、まだ日によっては、あまり良くない日もありますので、静養することに変わりはないです。
ただ、リハビリもしないと身体も衰える一方ですので、いろいろ研究してます。
一番ひどかった時は、血圧の最高が100をきったり、最低が40になったりと、人間か?と感じる時もありました。

最近は血圧もよく、このまま治る(?)方向で進んでくれると、
いいのですがこればっかりは、
病名も、病気なのかすらもわからない状況ですのでなんともいえません。

人間ドックの結果ですが、細かいことは書いても他人にとってはどうでもいいことなので、
ある程度はしょりますと、
なんか身体の内部では一部重い病気にかかっていた形跡があったらしく、
そこらへんは来年以降も継続して調べて悪化していないか確認しなければならないとかなんとか、
あとは小さいころから引っかかるいつものですね(遠い目
ただこれも経過次第では、手術とかいろいろあるらしいですね。
これおもまた、生まれてはじめて病名いわれましたが(まぁ子供の頃に言われてもわからないからかなぁとか思ったりします)。

そういうこともあってか両親に、毎年人間ドックはきちんと受けるように言われました(当たり前のことですが
今後悪化したら、次はもっと数の多い方の検査を受けさせるという流れ(^o^)。
もしくは入院させるとかっていう(ヽ´ω`)。
まぁ、本人はどうでもよくても、クソみたいなやつでも両親にとっては我が子ですからね(ハハハ……
いろいろ申し訳なく思います。
実際のところ、親戚一同亡くなった方は除いて、自分が今のところ怪しいらしいってのがなんとも……。
じいさま、ばあさまにもいろいろと恩返ししたいこともありますし……。

という感じにいろいろこの半年ぐらいありましたが、
自分の身体の怪しいところがどこらへんなのかはわかったので、病院巡りも悪くはなかったかなぁとは思います。

そんな状況であったため、色んな方にご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございませんでした。
特に精神的にも、肉体的にもかなり消耗し続けてた時期がもあって、とある方にはかなりの負担をかけてしまいました。
私の弱さが今の私を形成したふしもあるため、変わりたくもありますが、
こんな状況になってしまったのも成長過程によるところが大きく変えることは厳しいと思っています。
お医者様にも改善の方法はいろいろとアドバイスを受けたりともしますが、現状不可能に近い状態とも言えます。
変わらなければ悪くなることのほうが強く、良さは完全に消失する可能性すらもあるとか。
まさかそんなことはありえないだろうとは思って入るのですが、
年々通院を続けてると言葉は嘘ではなかったようにも思えてきます。
それぐらいの変化が自分でもわかってしまうのが、とてもつらいです。

ただそれでもいいことはありました。
サムネイルのあおっちではないですが、
小さい頃からの夢は、実際ある程度達成することが出来ました。
いろいろな場所も見ることも出来ましたし、体験することもできました。
大きな目標であったものはできませんでしたが、夢の実現という言葉であれば叶ったと言っても過言ではないかなとも
思っています。

そういうこともあってか、病気が今後悪化したとしても後悔はないです。
まぁそうはいいましても、死ぬ気もそうそうないので、のほほんと静養してくぐらいしか、今はありません。

大分鬱々しい内容となってしまいましたが、まだまだ私は元気です。

今は体力回復やら、歩行練習やら、筋肉トレーニングやら、食事方法やらを勉強中です。
なかなか歩くことって大変だったのですね。
姉様の赤ん坊がたつ頃には、私もきちんとした状態に戻ってるのが理想であり、願望であり、実現させたいことと考えています。



(まぁブログの更新やら、Twitterのつぶやきがなくなったら、入院したとでもry



スポンサーサイト




関連記事
ブログパーツ