[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 次回作のコンセプト?
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
2007.10.20
こんなことをしてる暇はないのにwww

簡単なコンセプトは

なのは 劇場版かな。

連れ去られたなのは・・・
倒れるはやて・・・
さらにフェイトまで・・・

みたいな・・・
いつ、これが始動するか不明ですがw
私は、ただ天使になりたかった・・・

あの日見た彼女は、天使・・・のような女神様だった・・・

彼女に会いたい・・・ただ、会いたい・・・ただ・・・
それだけなのに・・・

私は、ここから動くことができない・・・

私には、動かせる手も足も口もないのだから・・・

でも、彼女と話がしたかった・・・

彼女になりたかった・・・

ただ、私の近くにあるのは水、水水水水水水水水水水水水水水水水

水?water、수・・・私を縛る鎖・・・
時たま、下から空気の気泡が昇るだけ・・・

私は、ただ彼女の映像を見るだけ・・・

私の体は少しずつできてきた。はじめは目しかなかった体も、徐々に
手、足、口とできてきた。
頭ができたせいか、色々と考えるようになった。
そもそも、この水槽の水全部が私の脳と考えてもいいのかもしれない。
だから、これは劣化したために集中して同じことを・・・

私をずっと見ていた人物がいる。
私はあいつが嫌いだ。
あいつには自分のことしか考えていない。

-------------------------------------------------

「やっと、こうして彼女にあえた・・・うふふ、もう離さない・・・でも、話してくれないのはいやだなぁ・・・あとは女神様に会いに行かなければだめだよね・・・それに・・・」
少女は、茶色の髪をもつ女性を撫でる。
少女の手が光ると、茶色の髪の女性は、空中に浮かぶと円状の水槽へと
入れられた。
「うふふ・・・これでずっと一緒だよ・・・」
水槽を抱く少女。
その表情はどこか、うれしそうだが普通の人には泣いているようにしか見えなかった。
「スカリエッティ・・・あいつはもういらない・・・ついでに・・・排除」
水槽から離れる少女の背中は赤く染まっていた。
それは背中に傷ができたためかは誰もしらない・・・
それは少女本人さえ気づくことはなかった・・・


この作品は完全、なのはStsの続編としての作成ですね(作るなら
ARMは、なのは×  オリジナル○
っていったほうがはやいww

スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
企画だけで、内容はなんともまぁといったところですけど。
ご期待にそえるようなものを製作できたら幸いです。
Posted by りりかる at 2007.10.23 00:41 | 編集
劇場版イイッスね!!!!!
こりゃ期待しちゃうわwwwww
ARMもいいんだけど、なのは本編ポイのも見て見たい!!
Posted by 会長 at 2007.10.21 12:47 | 編集


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ