[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 【アニメ感想等】主に、プリキュアオールスターズDX2 ネタバレあり
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
2010.03.20
【劇場アニメ感想】

『映画プリキュアオールスターズDX2 希望の光レインボージュエルを守れ!

主題歌
オープニングテーマ
「キラキラKawaii!プリキュア大集合♪~キボウの光~」

作詞 : 青木久美子
作曲 : 小杉保夫
編曲 : 大石憲一郎
うた : 池田 彩/コーラス:ヤング・フレッシュ



エンディングテーマ
「17 jewels ~プリキュアメドレー2010~」

使用楽曲
①「Alright!ハートキャッチプリキュア!」(ハートキャッチプリキュア!)~
②「まかせて★スプラッシュ☆スター★」(ふたりはプリキュアSplashStar)~
③「Let’s!フレッシュプリキュア!」(フレッシュプリキュア!)~
④「DANZEN!ふたりはプリキュア(ver.MaxHeart)」(ふたりはプリキュア(ver.MaxHeart)~
⑤「プリキュア5、フルスロットルGO GO!」(Yes!プリキュア5GoGo!)~
⑥「Alrightハートキャッチプリキュア!」(ハートキャッチプリキュア!)~
⑦「キラキラkawaii!プリキュア大集合♪」(映画プリキュアオールスターDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!)


うた:池田彩&工藤真由/コーラス:ヤング・フレッシュ






みてきましたよ、と。
なんていうか、前のフレッシュプリキュアの映画がうそのようなバトルシーンでした。
そして、オールスターズの名にふさわしくメインキャスト大半でていて、
まさかの映画キャラクターまで出演w
豪華でしたね。

DX→DX2という前作から、お互いにプリキュア同士は
知っているという設定があるとは思っていなかったですね。
各シリーズごとに、おとぼけキャラがいるので初回合流できない感じでしたが。

さてさて、気になる内容ですが
な、なんと変身シーンが17人分ないwww
あるのは、フレッシュプリキュアと、ハートキャッチプリキュアのみでした。
これは、変身シーンに時間を取られるから省いたんでしょうかねw。
フレッシュプリキュア 4人変身 +簡易バージョン
ハートキャッチプリキュア 2人変身
でしたね。
変身後のお決まり文句は全員ありました。
まぁ、見るところはそこじゃねーよ(使い回しだし←いったらだめ

テレビシリーズと今回はかなり違いましたね。
バトルシーンには、ポリゴン?3Dを駆使して戦わせていました(EDのあれです
17人 vs BOSSがあるのですが、はやくて目が疲れましたwww
作画には、違和感が出てしまうのは仕方ないですね。
ハートキャッチプリキュアの人が、映画版を作っているわけではないので・・・
単品の映画がでたら、そのスタッフになるのかな?
そのくらいですかねぇ、違うのは。

下記、ある程度の箇条書きのようなもの。
詳しい内容というと、まぁ戦闘させるために敵がきて、変身。
「私たち以外にもプリキュアがry」
と、他のプリキュアと敵が戦っているの見て
心境「私たち無理」モードになる。
その後、全員集合すると、物語上苦戦させるためにバラバラに。
いわゆる、精霊というか淫獣がいないと変身できないこを作るため。
というわけで、普通につぼみ、えりかを主点にボスの元へと向かう旅に、
仲間たちが駆けつけてうんぬん。
その後、ボス登場。
ぷぎゃー、勝てない!
劇中で、皆の言葉を思い出し、「絶対諦めない」という希望をハートキャッチプリキュアはもつ。
そして、希望の力が1つになり、スーパープリキュアの誕生。
このスーパープリキュアは、全員の映画強化バージョン(フレッシュプリキュアは劇中)の状態。
いわゆる、羽がついてるようなやつですね。
そして、17人の合体必殺技でフィニッシュ。
EDは、全員OPのダンスでした。
最弱のプリキュアといわれるだけあり、他のプリキュアたちが目立ってました。
まぁ、他のプリキュアは原作のラスボス倒していますしね・・・

正直、出来がいいと感じた。
ハートキャッチプリキュアが、地上波バージョンだとあれだったので心配でしたが
きちんと、他のプリキュアたちの魂を引き継いてる感じですね。
ぼろぼろになっても、諦めないで立ち向かう。

次回は、10月30日のハートキャッチプリキュア単体映画!
楽しみですね。

blog on Twitpic

blog2 on Twitpic
ぼやけすぎである。

【テレビアニメ感想】

とある科学の超電磁砲<レールガン>

木山せんせい!
これだけで、泣けてました。
電車の中で見てて、泣くのをこらえていましたwww
家でまた、ゆっくり見たいと思います。
主題歌の入り方がもう好きです。この王道的なの今少ない気がします。
ぜひ、他のアニメもry
私が好きなのは、OPがなくはじまり、挿入歌が入って EDとともに作品の話をリンクさせるものです。

おおかみかくし

第11話「終焉」

まさみは眠に粛清される。しかし、それでは事態の収拾はつかなかった。
賢木が眠を糾弾し、会場が騒然となる。
それが波及し、神人と堕神人のいがみ合いが始まる中、。賢木は騒動をよそに、姿を消す。
彼の真の目的は、ダムを決壊させることで、嫦娥町を水没させることだった。


なんという原作レイプ。
そうとしかいえない最後でしたね。
これは、原作やっていたのが仇となったか。
アニメ版は、結局は共生できていなくて、崩壊して終わっているような気がします。
神人を恐れる人は、引越してゴーストタウンとなったといっていますし……
賢木も救われていませんし……香織なんて、死亡しまし……
まぁ、あれは、あれでありといえば、ありかもしれませんが、
物語としては、何も解決していないような?
えーっていう一言しかでなかった。
別に、二人で死ななくてもよくない?うーん、よくわからない。
アニメオリジナルといえば、オリジナルだけど・・・

第12話「嫦娥町奇譚」

事件の後、嫦娥町で生きていくことを胸に誓う博士だった。
そんなある日、博士はかなめに呼び出される。
果たして、その目的とは・・・・・・。


ウサエルさまキター。
眠ちゃん好きだけど、もうちょっと何とかして欲しかった・・・
11話の展開とかね。

キディ・ガーランド

第23話 とまらない想い
最終決戦!
以上!

なんていうか、あんま印象残らなかった。
もっきゅーん。




スポンサーサイト




関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ